営業で売りたい商品に対する信頼感を顧客から得るためには、自分で実際に使ってみたときの感想を言うことが大事です。
実際に自分で感じた使いやすさや、よい特徴をそのまま伝えることで商品のことを信頼してもらえます。
私も使っているから大丈夫ですよというニュアンスが伝わるだけでも非常に効果があります。
また、商品のいいところばかりを話すと逆に怪しまれる可能性があります。
私は営業をするときはあえていまいちな部分も言うようにしています。よくないところもあるけれど総合的に良い商品だと分かってもらえると契約してもらうことができます。
商品について詳しくなると営業の時に商品について細かく説明してしまいがちです。
どういう会社が作っているかなどについて興味を持つ顧客はあまりいません。あまり細かいところまで説明しても顧客がすぐに商品の良さを判断することは難しいです。そのため、顧客が買いたくなるポイントだけ集中して説明するといいです。